ヘッドハンティングコラム

ヘッドハンティングの断り方

ヘッドハンティングだからと全てが良い話しではありません。
年収が下がる可能性もありますし、クビになる可能性もある。
違和感を感じたら断るのが良いでしょう。

そんなときも、できるだけ損しない断り方をしたい。

1、良い人材だと思わせる

この面談での結果が、ヘッドハンター内で情報交換されます。
どうでもいい話しだからと偉そうな態度で接していたら、
「こいつは人間性が悪い」と書かれて、広まってしまう恐れがあります。

そうなると、もう二度とヘッドハンティングの話しが来なくなるかもしれませんので、
できるだけ「素晴らしい人間だった」と思わせる対応をして断りたい。

2、相手が勘違いしている場合

どこから聞いたのか、自分のスキルを完全に間違えている。
そんな場合、嘘をついて話しを合わせることもできますが、
やはり「求めている人材ではない」というのは確実なので、断るべきです。

しっかりと事実を伝え、相手に「あ、この人は違った」と思わせたい。
そうなると相手から断るので、こちらは何も悪くない。

3、また声をかけてもらう

ヘッドハンティングの話しは美味しいこともあるので、
また良い話しがあれば声をかけてもらうのが良いです。

自分のスキルなどを正確に伝え、しっかりとした情報を持たせたい。
ヘッドハンターとしても「いつでも声をかけられる人材」として重宝します。

まとめ

今だけの話しじゃない。

一度でもヘッドハンティングの声がかかるような人は、
今後何度も声がかかる可能性があります。
その中に一つくらいは理想のお誘いがあるでしょう。

そのチャンスをものにすべく、しっかりとした断り方をしよう。

next:30代になれば登録したいヘッドハンティング会社


戻る:ヘッドハンティングコラム

 

ヘッドハンティングコラム